143日目:お手本チャリダーと名も無き寿司ダー

日本一周チャリダーと交流

日本縦断143日目(2016年10月25日)

昨日の野宿場所

昨日は道の駅に到着するのが遅くかなり寝不足だが、道の駅の営業時間前には片づけなければならない。なにせ僕らがテントを張ったのはお店の入り口だったのだ。

福井県「道の駅 西山公園」で野宿 福井県「道の駅 西山公園」で野宿

もうこの時期、夜は冷えるので2/3がメッシュの僕らのテントだけでは凍え死ぬ。なので、なるべく風の当たらない場所で寝なければならないのだ。昨晩も色々と探したが、通行人の邪魔にならないのは結局この入り口くらいしかなかった。おかげでいくら遅くまで寝ていたくても道の駅の職員が出勤する前には、絶対に片づけを済ませておかなくてはならないわけだ。これが利用させて頂いている身(旅人)としては最低限のマナーだろう。

旅人の手本となるチャリダー

野宿の片付けをしていると、昨晩先に道の駅でテントを張っていたチャリダーさんと会話することができた。お名前は澤崎さん。自転車で伝統工芸品などを巡りながら日本一周の旅をされているそうだ。旅の計画段階から相当な準備をしていたらしく、スポンサーもたくさんついており応援者も多い。目的も「伝統工芸品巡り」と明確なため、企業も協賛しやすいようだ。その分ブログの定期更新は必須だが、お金のかかる旅には協賛はとても助かる。これでまた一つ勉強になった。

日本一周チャリダーと交流 日本一周チャリダーと交流 日本一周チャリダーの自転車 日本一周チャリダーの自転車 日本一周チャリダーと一緒に出発 日本一周チャリダーと別れる

彼のブログに僕らも登場している
夫婦でベビーカーで日本一周者に出会った!!

かっこいい名も無き寿司ダー

今日は身も心も限界を超えているはずなのに、足取りが軽い。いや、軽いのではなくもうテンションがおかしくなっている。疲れているのに疲れていないという意味不明なコンディションだ。路面電車と共に僕らは進み続けた。

福井県の路面電車 福井県の路面電車

変なテンションで歩いていたら、一台の車が僕らの前に止まった。中から中年の男性が降りてきて話しかけてきた。

男性:「日本縦断してるの?どこから来たの?」

僕ら:「はい、沖縄から来ました。」

男性:「お昼食べた?」

僕ら:「いえ、まだです。」

男性:「何食べたい?御馳走するよ。」

僕ら:「え!?良いんですか!?」

男性:「寿司がいいか!寿司ならその先にあるから!それじゃ先行って待ってるから!」

僕ら:「え!?あ!はい!」

200m先の寿司屋に到着すると、先ほどのおじちゃんが中で「ここだよ!」と手招きしている。そしてなぜか周囲のお客さんもみんな僕らを凝視だ。中に入ると店内がざわつく。視線の嵐だ。席に着くと、「好きなの頼んで!」と言われ、ある程度遠慮しながら注文する。なんて幸運なのだろう。久々の“半額じゃない”寿司だ。

御馳走になった回転ずしアトム 久々に半額じゃない寿司 久々に半額じゃない寿司

しかし僕らが食べ始めるとすぐにおじちゃんは帰ると言うではないか。一緒に食べて交流を深めようと思ったのだが、用事があるからと支払いを済ませ帰って行ってしまった。自分で注文した分もあまり食べず、会話も少しばかり。名前も名乗るほどのものじゃないからと。一生懸命お願いして記念撮影だけはして頂けた。疲れ切った僕らには最高の御馳走だった。寿司も美味しかったが、おじちゃんの優しさも嬉しかった。何とも不思議な出会いだったが、また人の優しさに触れた。精神的に限界を感じていた僕らに、ベストなタイミングでのご褒美。やはり旅の神というものはいるのだろうか。

寿司を御馳走してくれたおじちゃん

再び優しさに触れる

その後はもう一踏ん張りして、なんとか30㎞先の福井県坂井市にある「道の駅さかい」に到着。今日は日が暮れる前に着くことができた。そして今日の寝床でもまた人の優しさに救われた。

僕らはなるべく道の駅でも野宿の許可を得るようにしているのだが、今日もとりあえず職員の方に野宿して良いか聞いてみた。すると雨風が凌げるようにと施設の一部を貸して頂いた。しかも施設の裏手なので、トラックのエンジン音や県道の騒音も聞こえない。今日は静かな夜を過ごすことができた。

福井県「道の駅 さかい」で野宿

明日からは石川県である。果たしてどんな旅になるのやら。

日本一周チャリダーと交流

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です