30~32日目:天神で体制を整える

旅でボロボロになった靴

日本縦断30~32日目(2016年7月4~6日)

従妹と天神ともつ鍋

今日からまたここ天神で4連泊だ。とは言っても初日は夜に着いているので、動けるのは実質3日だ。この間に穴の開きそうな靴やザックの購入、荷物の取捨選択など休養をとりながら体制を整える。またブログもかなり溜まっているのでそれらも書く。

初日はまず従妹と天神でもつ鍋を食べた。僕はもつも大好物だ。しかし沖縄ではもつ鍋を食べる習慣があまりないので、本格的なもつ鍋は久しい。沖縄にも中身汁というもつを使った料理はあるが、もつ鍋とは全く別物だ。もちろんそれも大好きだが。

博多名物もつ鍋笑楽天神店にて 博多名物もつ鍋笑楽天神店のもつ鍋

その後はカフェに行き昔のことなど色々話す。正直、従妹とこんなに会話したのは初めだった。別に嫌いとかではなく、幼い頃はたまにしか会わないし女の子だし、人懐っこい子なのでぐいぐい話しかけてくるのだが、それが何だか恥ずかしくて僕はまともに話せなかった。理由はただそれだけなのだが、随分クールに対応していた記憶がある。

しかし当の本当は「あれ?そうだったけ?」と満面の笑みで記憶にない様子だ。あっけらかんとしている。まぁ兎にも角にも従妹は幼い頃の素直なまんま大人に成長していたので一安心した。頑張り屋さんなとこもそのまんまだ。どうか体だけは気を付けて楽しく人生を満喫してほしい。

そろそろ時間となり、おしゃべりも楽しんだので最後に記念撮影をして別れた。

従妹と記念撮影

帰りに「山笠天神」とかいた神輿というのだろうか、何か巨大なものを発見。この旅では観光をしていないので、ほんの少し観光気分に浸ろうと記念撮影をした。

天神山笠 天神山笠02 天神山笠03

残りの時間は近くにちょうどアウトドアショップがたくさんあったので、必要な道具を見て回って本日は終了である。

道具を揃える

翌日は博多にあるキャナルシティでモンベルやマウンテンハードウェア、ノースフェイスやゼビオといったアウトドアショップやグッズを扱っているお店を回った。

キャナルシティ博多

僕らはパソコンや一眼レフカメラを持ち歩いているのだが、今あるザックでは生地が薄すぎて衝撃がかなり心配だった。なのでクッション性のあるザックを探していた。あとは新しい靴やスマホの防水パックなどなど色々と必要な道具を見て回った。

徒歩日本縦断の新しい装備 徒歩日本縦断の新しい装備02 徒歩日本縦断の新しい装備03

ラーメンスタジアムでまた外国人観光客に間違えられる

キャナルシティでラーメンスタジアムなるものが開催されていたので、そこで昼食をとることにした。

キャナルシティ博多のラーメンスタジアム

しかし中に入ってみると中国人らしき観光客でごったがえしだ。

キャナルシティ博多のラーメンスタジアムは中国人?観光客でいっぱい

どこが空いているか探すが、どこも並んでいる。しかも食券が買えないで並んでいる所も多い。その中でも比較的空いていた「久留米本田商店」という店に決めた。

キャナルシティ博多のラーメンスタジアムの久留米本田商店

店員さんに、僕が流暢な日本語で(当たり前だが)「大人二名で」と言うとびっくりした表情でこちらを見た。これは確実に僕らを外国人と勘違いしている反応だ。

仕方ない、派手なスポーツウェアにザックと一眼カメラとお腹にはポシェットだ。この姿を見れば誰だって勘違いする。結局この日は帰り道でも飲食店のおばちゃんに英語で話しかけられ、僕らが「日本人ですよ~」と笑顔で返したら物凄く謝られた、という笑い話もある。昨日も飲食店で英語で話しかけられた。そのくらい僕らは日本人に見えないのだろう。

とりあえず食券を渡し、運ばれてきたラーメンを食す。うん、旨い。

キャナルシティ博多のラーメンスタジアムの久留米本田商店のラーメン キャナルシティ博多のラーメンスタジアムの久留米本田商店のラーメン02

味は旨いのだが、食べている最中ずっとすぐそばで並んでいる中国人らしき人たちがぐいぐい覗き込んでくる。そんなに何度もまじまじと食べているところを覗き込まれると食べづらい。しかも近い。

もう僕らはラーメンに集中してさっさと食べて店を後にした。

これも日本のラーメンが旨いという証だろう。日本のラーメンはそうとう人気のようだ。嬉しい反面、ゆっくり食べたかった思いもあり複雑なひと時だった。

Boaシステムは超便利!

この旅で僕が最もストレスを感じていたことは靴だ。毎日30km前後あるくと足がむくむし、血流が悪くなる。休憩中は靴を脱ぎたいのだが、靴が足にフィットするようきつく紐を結んでいるので脱ぐのが面倒くさい。そして履くのも面倒くさい。旅の途中、疲れた状態でこの作業は正直やりたくない。なのでBoaシステムが付いた靴を探していた。

Boaシステムは靴の紐の代わりにワイヤーを使って簡単に縮めたり伸ばしたりできる超ハイテクシステムの事だ。

モンベルのBoaシステム付き登山用シューズ モンベルのBoaシステム付き登山用シューズ02

この「boa」と書かれた黒いつまみ(丸い部分)をまいてワイヤーを収縮させ、つまみを引っ張るとロックが解除されワイヤーが伸びる。

たったこれだけで靴の脱着が可能なのだ。毎日30km前後歩く僕らにとっては最高に有り難い機能なのだ。

Boaシステムはあの首里にあるトッププロからアマチュアまで訪れる有名なインソール専門店「ランデザイン」の金城さんから教えてもらった。ちなみに僕ら夫婦もそこでマイインソールを作ってもらっている。

おまけでもう一種類、脱着が簡単にできるシューズを紹介しよう。

シューレースも超便利!

もう一種類はシューレースというものだ。僕が持っているものは元々シューレース付きのソロモンのトレランシューズだ(ソロモンではクイックレースと呼んでいる)。使い方は簡単。紐を引っ張ってつまみを上下に動かすだけ。紐を縮める場合(履く場合)は下の写真の通り。

ソロモンのクリックレース付きトレランシューズ ソロモンのクリックレース付きトレランシューズ02

緩める場合(脱ぐ場合)は逆につまみを上にあげればよい。シューレースは単体でも売っているが、普通の靴にはおすすめしない。実際に普通の紐靴でも試したのだが、紐靴用の穴ではこのソロモンのトレランシューズのように紐の動きがスムーズではなかった。

というのもこのソロモンのトレランシューズはシューレース用に穴ではなく厚目の生地でゆったりとした輪っかを作り、そこに紐を通しているので紐がスムーズに動くのだ。

紐がスムーズに動かなければ紐靴とそう大差ないと個人的には思う。

シューレース用の輪っか

なので元々シューレース付きのシューズを選ぶことをお勧めする。ソロモンの靴はアマゾンなら型落ちの商品が安く売られてるのをよく見かける。

紐靴が面倒な方や長距離歩く方には僕はboaシステムかシューレースのシューズをおすすめする。ちなみにキャタピラー(結ばない紐)はずれると面倒なので個人的にはおすすめしない。

また、マラソンやジョギングには紐靴が良いと思う。走ると若干緩んでくるように感じるので、あくまでもboaは歩くのに向いていると個人的には感じる。シューレースは判断できないが、トレランでも使われているので走っても問題ないのであろう。

寿命を全うしたシューズに感謝

今回の連泊ではシューズも買い替える予定だった。この先どこで手に入れられるか分からないので、都会で買っておかなければならない。というよりももうシューズは限界を超えている。

寿命を全うした「スコット(scott) t2」
スコット scott t2

スコット scott t2

もうあと一週間も履けばかかとの底が貫通するだろう。最近はかかとが痛くなってきていたのでもう履ける状態ではない。かかと以外はまだいけそうだが、ここでケチって故障すれば、また治療費や薬代で余計出費がかさむだけだ。

この「スコット(scott)t2」には大変お世話になった。ここまでの旅だけでなく、マラソンでもサブ4達成に貢献してくれた相棒だ。旅と苦しい練習によく耐えてくれた。感謝したい。

(ちなみにサブ4を達成したのは同じスコットの「イーライドAFトレーナー2.0」である。これはスピードは出ないが、脚は自然と転がるので非常に楽に走れる。)

モンベルは良い!

今回旅に出てみて分かったのだが、モンベルは良い!

何が良いかというと、コスパだ。

アウトドア好きな方はご存知かもしれないが、モンベルは日本のメーカーだ。響きからして日本語ではなさそうなので最近まで海外メーカーだろうと勘違いしていた。何せ僕らはインドア派なのでアウトドアグッズを買ったこともなければ、アウトドアショップに行ったこともなかった。

この旅ではかなりたくさんのメーカーの道具をみてきた結果、総合的に見てモンベル製なら大体間違いないと思った。値段も他のメジャーな海外メーカーと比べると関税の分安いし、日本メーカーなので「made in japan」ではないにしても、物はしっかりしている。ウェア類は特に他メーカーより生地がしっかりしている印象だ。

今回の旅で僕らはもうすっかりモンベルファンになってしまった。

色々なアウトドアショップを回ったが、結局ほとんどモンベルで購入した。

モンベルのうちなんちゅ

ところで、天神のモンベルに行った時のことである。商品について質問した店員さんの名札に書かれた名前が、どうも沖縄っぽいではないか。顔も沖縄っぽさはある。思い切って「沖縄の方ですか?」と聞いてみると、やはり沖縄の方だった。お姉さんはこの4月に沖縄からモンベル天神店にきたばかりだという。

徒歩で日本縦断の旅をしていることを伝え少し話しをした。こんな所でうちなんちゅに会えるとは思ってもみなかった。

記念に写真撮影までした。

モンベルのうちなんちゅ店員さん モンベルのうちなんちゅ店員さん02

明るくほんわかとした優しいお姉さんだった。沖縄から就職で一人で出てきて不安もあるかもしれないが、是非この壁を乗り越えて、充実した天神ライフ&モンベルライフを送ってほしい。

そんなこんなでこの連泊はあっという間に終了した。

旅でボロボロになった靴

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です