34日目:危なげない旅

宗像市の本屋さん(本は心のご飯です)

日本縦断34日目(2016年7月8日)

本は心のご飯です

今日の天気は雨。いつも通りレインウェアで完全防御での出発。今日はそこまで大雨にもならず、気温もそこまで上がっていないので多少歩きやすい天候だ。

今日の旅路は人通りもほとんどなく、立ち止まることもないので結構な早いペースで歩けている。

1時間ほど歩いたところで、ある言葉が僕の足を止めた。

「本は心のご飯です」

宗像市の本屋さん

なんて心に響く言葉だろう。思わず撮影してしまった。そしてすぐに読書仲間に写真を送った。

読書はあなたの未来を広げ、闇を照らす

ところで皆さん、本はお好きだろうか。僕は好きだ。好きと言ってもたくさんは読まない。いや読めない。月平均3冊くらいだ。多くても5~6冊だ。

しかし僕の場合は読書というより研究という一面がある。本によってはかなり深く掘り下げて読む。熟考したり調査もしたりすると一冊読むのに4~5冊分は文字を読んだり書いたりしているかもしれない。

僕が熟読する場合は途中で気になったことはとことん調べる。そして調べたらじっくり考察し自分なりの答えをまとめて記録すようにしている。特に理由はないが、面白いのでやっている。なので1冊読むのに最長で三ヶ月ほどかかることもある。

だから僕は世間でいう読書家ではない。がしかし、読書は好きだ。ちなみに4~5年前までは嫌いだった。特に小学生の頃はそれが顕著だった。

学校の読書月間では図書館で本を借りないと怒られるが、僕はどうしても読書はしたくなかったので、貸出カードに返却日だけ2~3日後にして借りたその場で返却の印鑑を押して返していた。そうやってノルマではないが、借りた数を稼いで怒られないようにしていた。

僕は漫画すら読まないので図書券なんてもらおうものなら、「現金をくれ!」と心で叫んでいた。

そのくらい読書は嫌いだったが今は大好きだ。これほど知的好奇心を満足させてくれるものはない。最高のツールだ。自己成長にはもちろんのこと、路頭に迷った時や落ち込んだ時、子供の教育なんかにもとても効果を発揮する。

僕が路頭に迷っていた時に救ってくれたのは本だ。僕が暗闇にいる時に光を照らしてくれたのは本だ。貧困から救ってくれたのも一冊の本だった(実際は買う金もなかったので本屋に通って立ち読み)。

そしてこの徒歩日本縦断の旅に出させてくれたのも本だ。

人間の肉体的な機能や能力には限界があるが、脳には限界がない。ブラックホールだ。どんどん欲しい知恵や知識、情報を好きなだけ取り込んでよいのだ。僕は欲張りなので浅く広くなんて読み方はできない。深く広く読む。だから読める冊数は俗にいう読書家よりは圧倒的に少ないというわけだ。

そして先ほどの看板が僕の本に対する思いをストレートに表現していたので、慌てて写真を撮ったのである。僕の夢はマイ図書館を持つことだ。家はメンテナンスや掃除が面倒なので小さくていい。でも図書館だけは欲しい。

皆さんも何か困ったら、あるいは迷ったら、悩んだら、落ち込んだら、負けそうになったら、救いを求めていたらら、是非読書をお勧めする。希望の光が必ずあなたを照らす。

再び声援の嵐

福岡県に入ってからは比較的都会やそれに似た場所を歩いていたため、声援が少なくなっていた。しかしここ宗像市は車通りは多いが、あまり都会ではない。

途中でスーパーや百均などが集まった施設があったので、休憩がてら寄ることにした。ここは都会ではないので、人がよく話しかけてきてくれる。

そうそうこれこれ!

と思いながら田舎道が多かった鹿児島や熊本での旅を思い出す。やはり声援があるのとないのでは旅の面白みが違ってくる。応援されるから歩けるし、応援されるから楽しい。

皆さん優しく応援してくれた。そして福岡教育大学の学生さんからドリンクの差入れも戴いた。今ボランティアの帰りで僕らが必死な顔で途中の坂道を上っていたので、気になったらしい。

有り難いことだ。

ダチョウと雨

たくさんの声援を戴き再び歩き始めた僕ら夫婦の前にいきなりダチョウが現れた。突然だったので、思わず二度見した。あとから調べるとどうやらあれはエミューのようだ。

ダチョウ

そういえば昔、伯母がダチョウの卵を持ってきたのを思い出した。とても巨大でどうやって食べるのか不思議だった。

これまでの旅で色々な動物や昆虫を見てきたが、エミューには結構驚かされた。これも旅の思い出となろう。

その後は少しずつ雨が強くなったが、装備のおかげで問題なく歩けた。

徒歩日本縦断34日目、道中 福岡県北九州市黒崎駅手前 福岡県北九州市黒崎駅 福岡県北九州市黒崎駅02

時刻は17時40分、今日はいつもより早い到着で安堵する。距離はそこそこ歩いたが、ずっと曇りや雨だったおかげで気温が上がらず、どちらかというと歩くのには丁度良かった。おかげで歩行速度も上がり、途中の休憩もタイミング良くとることができたので、今日はの疲労はいつもより軽かった。

今日は久々に何のトラブルもない、危なげない旅だった。

さぁ、ゆっくり休んで明日の歩行に備えるとしよう。

本日の目的地、黒崎駅そばのアルクイン黒崎(本館)
アルクイン黒崎

本日の歩行データ

宿泊場所 アルクイン黒崎
歩行距離 26.88km
歩数 40,172歩
34日目の歩数
疲労度 6/10

宗像市の本屋さん(本は心のご飯です)

2 件のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です