歩記

歩記

103日目:萩で取材と再会と出逢い

日本縦断103日目(2016年9月15日) 朝から萩時事新聞の取材 今日は朝一で萩時事新聞の取材が入っている。そしてその後は萩姉と下関からわざわざ来てくれた人たちと交流することになっている。 萩時事新聞の記者さんは他の記者さん...
歩記

102日目:映画のロケ地宿泊、朝日新聞取材

日本縦断102日目(2016年9月14日) 70歳を超えるマラソンランナーの声援 早朝5時半頃起床し、周囲に迷惑にならぬよう早速片付けを開始。今日はテントではなく 屋根のあるベンチで寝たのでテントの片付けはない。 ...
歩記

101日目:徒歩日本縦断の旅、初取材!

日本縦断101日目(2016年9月13日) 野宿には慣れたが、やはり片付けは面倒 早朝5時半に起床し、出発の準備に取り掛かる。国道沿いだが、やはり野宿に慣れてきているのかそこそこ眠れた。 しかし野宿の片付けは毎回面倒である。野...
歩記

100日目:別れと出逢い

日本縦断100日目(2016年9月12日) 名残惜しい別れ 約二ヶ月お世話になった油谷青少年自然の家とも今日でお別れだ。最後は問題が発生してしまったが、皆さんとの出逢いに本当に感謝で胸がいっぱいだ。細かく話せばとても思い出の多い場所...
歩記

児童養護施設に寄付

ここ油谷では寄付もした。寄付先は下関市にある「なかべ学院」という児童養護施設である。何らかの理由で親と離れて暮らしている子供たちの施設だ。 旅で自炊や野宿を取り入れて浮いた分なのでほんの僅かだが、喜んでもらえたようで僕らも嬉しい。 ...
歩記

欲望のコントロール、そして足るを知る者は富む

半自給自足なのに高級 僕らはここ油谷であるご夫婦に出会った。その方たちは現金収入を得る仕事と共に畑や尼漁をしながら半自給自足生活をしている。 せっかく油谷に来ているからと、ご夫婦は僕らを自宅に招いて食事をふるまって泊めてくれた。自宅...
歩記

油谷青少年自然の家:出逢い編

萩姉との出逢い 彼女と出会ったのはひょんなことからだった。 僕らが炊事場で夕食の準備をしていた時に、隣で彼女たちも米を炊いていた。しかし炊き方も焚き火もあまり分からなかったようで、手探り状態だった。 そして彼女たちは水分の多い...
歩記

油谷青少年自然の家:ピザ作り、BBQ

手作り窯で手作りピザ 油谷青少年自然の家には窯もある。自分たちで生地からこねて作るピザは最高だった。 薪も枯れた木や枝、葉っぱなど自然の物を使うのが料理教室とは違うところだ。 自分たちでしかも薪も拾ったもので焼くピザは...
歩記

油谷青少年自然の家:シーカヤック、ジェルキャンドル

シーカヤックで無人島へ 油谷青少年自然の家にはプライベートビーチだけではなく、シーカヤックもある。そしてすぐ目の前には無人島もある。 この日はシーカヤックを楽しみながら無人島に渡り、釣りをした。 ...
歩記

保護中: とりあえず元気になりました。

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。 パスワード
タイトルとURLをコピーしました