歩記

歩記

113日目:タイヤが吹っ飛んだ!

日本縦断113日目(2016年9月25日) 浜田駅のからくり時計 妻の膝も少し良くなったので今日は歩くことにした。浜田駅でからくり時計があるというので朝食をとりながらみることに。 ちょっと期待外れだったが、ここでも昨夜の「石見...
歩記

111~112日目:鯖に、のどぐろに、石見神楽

日本縦断111~112日目(2016年9月23~24日) 食で疲れを癒す 浜田でサバ寿司が有名なお寿司屋さん 翌日になっても妻の足は痛みが残っていた。 妻はホテルの部屋にいる間は、なるべくアイシングをした。アイシングをすると...
歩記

積み上げてきた歩跡が消えた。そして解放される。

突然、積み上げてきた歩跡が消えた 先人たちは日本縦断をどういう道で歩いたのか、それは旅に出る前から気になっていた。だから僕らは歩跡を残そうと思った。 幸いにもマラソンで使っていた相棒のガーミン(GPS付き腕時計)があった。 ...
歩記

110日目:妻の膝が爆発

日本縦断110日目(2016年9月22日) 早朝の出来事 周囲が明るくなる前に起床した僕らはそそくさと野宿の片付けに入った。 明るくなり出すと近所の方だろうか、散歩にやってくる。 釣り人もやってきて少し会話を交わ...
歩記

109日目:旅では喧嘩もよくある?

日本縦断109日目(2016年9月21日) ご縁が途切れる 台風も過ぎて空は晴れている。 人の家に泊まるのもこれで最後だ。福原さんでご縁が途切れる。今日からはまた野宿なり何なり自分たちで寝床を探さなければならない。 しか...
歩記

108日目:台風で足止め

日本縦断108日目(2016年9月20日) 台風と成長 台風は中心は若干それたが、雨風は強い。 この中を歩くのは危険と判断し、福原さんにもう一泊させてもらえないか相談する。福原さんは当然かのごとく快諾してくれた。昨日も少し話し...
歩記

107日目:有難う!山口県

日本縦断107日目(2016年9月19日) 野宿に慣れてきたが疲労は抜けない 早朝5時頃に目が覚めた。どうやら僕らは野宿にも慣れ、結構眠れるようになってきたようだ。しかし疲労はあまり抜けていない。体のだるさは増しているような気がする...
歩記

106日目:疲労で何度も寝落ち

日本縦断106日目(2016年9月18日) マルさんは高校の先輩だった 朝、出発の前にマルさんとヒロさん(ご主人)が朝食とコーヒーを振る舞ってくれる。さすが元飲食店をやっていただけある。旨い。 朝食を取りながら、身の上...
歩記

105日目:突然の生ラジオとカッコイイ差入れ

日本縦断105日目(2016年9月17日) 有り難い言葉 出発する前にまた木原さんと話が弾んでしまい、あれよあれよとあっという間に時間が過ぎた。 別れ際、木原さんは「このお店をやってて本当に良かった。今までで一番のお客さんです...
歩記

104日目:困った時はお互い様

日本縦断104日目(2016年9月16日) 萩のディープな店、明己悟 (アミーゴ) 大雨、野宿、山越え、ハウスダストと最近は試練続きだったので、今日は体調回復のため予定を変更して萩で一日休むことにした。 本来ランチは木原さん...
タイトルとURLをコピーしました