135日目:一房のバナナ

バナナとおばあちゃん

日本縦断135日目(2016年10月17日)

おばあさんと一房のバナナ

早朝、地元の人達がこの公園を訪れる前に出発する。

昨日、当初の目的地(鱒留)よりも進まざるを得なかったため、今日の道のりは20㎞と若干短くなった。

道を歩いていると登校する子供たちの姿が増えてきた。みんな不思議な眼差しで僕らを見ている。こちらが挨拶をすると、驚きつつも挨拶を返してくれる。

「きっとこの中からも将来旅人になる子も出てくるんだろうな。その時、小さい頃に夫婦で旅をしている人たちをみて、それをずっと覚えていて自分も大人になったら・・・。」

なんてことがあるかもしれないなと妻と話しながら歩いていた。

しばらく歩いていると登校する子供たちに交じって一人のおばあさんが歩いている。きっと子供たちを見送っているのだろう。

おばあちゃんは僕らに気付くとたいそう驚いた様子で、とても応援してくれる。

そしておばあさんは通り過ぎた僕らを追いかけてきて、手に持っていた一房のバナナを差し出した。

「これ、持っていって!本当は隣のお家にあげようと思ってたけど、あなたたちにあげる!頑張るんだよ!」

と握手をしてくれた。おばあさんは孫との別れかのように感動している。

また優しさを戴いた。感謝である。バナナも有難いのだが、おばあさんが僕らのために一生懸命走ってくることに感動した。一瞬の出来事だったが心が温まった。

そういえば鹿児島の薩摩川内でもそうだった。誰かが自分のために一生懸命になってくれることは何て有難い事なのだろう。それが見ず知らずの通りすがりの人なら尚更だ。

そして僕らは朝食がまだだったので有難く頂戴した。告白すると、実は僕は果物嫌いである。舌は完全に人工甘味料に侵されている。だが、この旅で優しさが混じった果物を戴いたおかげでこの頃には果物が美味しく感じるようになっていた。

皆さんの優しさのおかげでまた一つ克服できた。またまた感謝である。

左奥に写っているのがおばあさん
バナナとおばあちゃん

早めのゴール。そして交流。

今日の旅路は清々しい。そして峰山途中ヶ丘公園を出発して4時間、本日の目的地「道の駅宮津」に到着してしまった。

道の駅宮津に到着

時刻はまだ午前11時だ。時間的にまだまだ歩けるが、二人とも疲れている。それに次の寝床となりそうな道の駅までは20㎞以上あるので、今日は疲労回復のため歩くのはここまでとした。

とはいっても、まだ道の駅は営業中だ。テントなど張れない。とりあえず道の駅のそばの公園で僕らは休憩することにした。

休憩していると、やはり目立つのか、どんどん人が集まってきた。色々な人が応援してくれる。中には元バックパッカーの人もいて、旅に共感してくれる。皆さんの温かい応援で英気を養うことができた。これまた感謝。

疲れていたので久々に昼寝
休憩

疲れて昼寝

地元の人達と交流
地元の人達と交流

応援してくれる元バックパッカーの女性
応援してくれる元バックパッカーの女性

夕食までの時間、ブログを書く
ブログを書く

旅人+トレーラー=かなり目立つ

夕食は隣接するショッピングモール内の飲食店を利用したのだが、その時トレーラーも一緒にショッピングモールに入っていった。そして邪魔にならないよう飲食店の前に止めて食事をしていたら、モールの職員らしき人が何度もトレーラーを見ている。近づいては去り、近づいては去りしている。ちなみに飲食店のフロアにはほとんど人はいないので邪魔にはなっていない。

調度食事を終えた僕らがモールを出ようとすると、僕らを追いかけてくるように警備員が近づいてきた。恐らく先ほどの職員が通報したのだろう。「あ、これは怒られるな」と思ったら、案の定警備員は声をかけてきた。

しかし、声をかけてきた瞬間に警備員は「なんだ!頑張っている人達じゃないか!」と言わんばかり。怒るどころか応援してくれた。警備員はトレーラーが何なのか気になっている様子だったので、これはアメリカ製の双子用のベビーカーだと教えると、「ああ、なるほどね!」と納得した様子。

そうこうしているうちにまた人が集まってきてしまった。やはりこのトレーラーは目立つ。少しハラハラしたが、トラブルにならずに済んだ。良かった良かった。

その後は営業が終了した道の駅にテントを張り眠りについたのである。

野宿した「道の駅宮津」
道の駅宮津で野宿

バナナとおばあちゃん

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です